生活、もっと簡単

常に生活に役立つ裏技を分ち合う!シェアしてくれてありがとう!

初心者でもiPhoneで撮った大切な動画をDVDに焼く方法

iPhoneで撮影した動画を長く保存する方法とは?

iPhoneで撮影した動画をDVDにダビング

カメラよりスマホのほうが携帯しやすいでしょう。いつでもどこでも美しい景色や感動の瞬間を撮られます。今のスマホのカメラはどんどん解析度を上げて、普段の撮影にとって十分だと思います。各種のスマホの中でiPhoneのカメラが一番人気のあると言えます。iPhoneで撮影した動画は画質が高いというまでもなく、色合いも質感も実に素晴らしいです。高品質の iPhoneカメラで撮影した動画、その感動の瞬間、美しい瞬間、幸せな瞬間を永久に保存し、家族や友達に分かち合おうとする人も大勢いますよね。または、iPhoneで手軽にパシャパシャと写真撮影をして、いつの間にか、スマホ容量がだんだん足りないでしょう。iPhone中の普通の写真や動画を削除して大丈夫ですが、思い出の動画を削除することはありえないでしょう。そういう時はiPhoneで撮影した容量が大きい動画をどうすれば長く保存できるかと悩んでいる人はきっと多いでしょう。 

 

長期間の保存なら、iPhoneで撮影した動画をDVDに焼くすることを強くおすすめします。DVD光ディスクは長期にわたり安定性が高く、再び読み取ることが容易です。それに、DVDは大容量のデータが記録できる上に、トラブルが一番少ない記録媒体です。DVDそのものは経年劣化で寿命がありますが、アイフォンの動画をDVDに保存して適切な保存管理をすれば30年以上経っても心配ないです。つまり、アイフォンで撮影動画をディスクに保存することはそれぞれの安全性、寿命を簡単に見ていくと、一番安全で、もっとも長期保存に向いた手段だと断言できます。

どうやってアイフォンの動画をDVDに保存するの?

確かに、いろいろな面から考えれば、iPhoneで撮影した動画をDVDに作成することは長期保存のコツです。だが、iPhoneで撮ったビデオをDVDに焼くなら、初心者にとってハードルの高い作業だと思っている人は多いでしょう。アイフォンの動画をDVDに保存する作業でデータが消えてしまったら、ショックですよね。だって、二度と同じ瞬間は撮影できないですから。簡単かつ安全でiPhoneで撮影した動画をDVDに焼く方法は一番大切です。

ここでおススメしたいのはWinX DVD Authorという無料DVD焼くソフトです。WinX DVD Authorを使って、簡単に無料でアイフォンで撮影動画をディスクに保存することができます。続き読み>>>(操作方法