生活、もっと簡単

常に生活に役立つ裏技を分ち合う!シェアしてくれてありがとう!

DVDをISOに変換する方法ご紹介!Windows10でもDVD ISO変換

Windows10でDVDをISOに変換する必要はあるのか?

ISOとは、仮想CD/DVDドライブソフトウェアを利用して作成したCD-ROM、DVD光ディスクの構造とコンテンツを丸ごと収めるイメージファイルです。簡単に言えば、ISOイメージファイルはソースディスクにある全ての内容を含まて、一度DVDをISOイメージで保存すれば、それをDVDに焼くことで全く同じDVDが作成できます。それに、ISOファイルは光ディスクではなく、パソコンのSSDに保存でき、バックアップなどによく使われているファイル形式です。

Windows10でDVDをISOに変換するメリットとは
1. ディスクの長期保管には大変難しいことで、ウィンドウズ10でDVDをISOに作成すれば、DVDより、パソコンなどで安全な形式で保管することが便利です。
2. Windows10でDVD ISO変換すれば、DVDより高速にアクセスができ、専門的なDVDトライブとDVDプレーヤー必要なし、直接にパソコンでの動画再生ソフトで再生できます。
3. DVDは傷つきやすく、寿命もあるし、Windows10でDVDをISOに書き込み、保存したら、壊れしても心配はないです。

要するに、頻繁に使うDVDをISOイメージで保存しておくのが便利です。仮想ドライブソフトを使えば高速にアクセスできるだけでなく、光学ドライブのないノートPCでも利用できます。ウィンドウズ10でDVDをISOに作成、データとして管理できるので、光学ディスクを買うお金を節約することもできます。

Windows10でDVD ISO変換する操作手順

Win10 DVD ISO変換ソフトの紹介は原文記事へ移動>>>

 

Win10 DVD ISO書き込み

Win10 DVD ISO書き込みソフトをインストー
まずは、以下の「ダウンロード」ボタンをクリック、このWindows10 DVD ISO変換ソフトをPCにダウンロード、インストールしてください。インストール時、インストール言語を日本語に選択してください。(ソフトを起動した後、「?」アイコンから言語も選択できます)

Windows10でDVD ISO変換

1. WinX DVD Copy Proを起動して、そして左側の「DVDからISOへクローン」ボタンをクリックしてください。

2. お変換したいDVDをパソコンに入れて、そして「ソースDVD」のところで、「参照」ボタンをクリックすると、ISOへ変換したいDVDを選択します。

3. 「ターゲットISO」のところで、「保存先」ボタンをクリックし、ISOファイルを保存するところを選択します。

4. 最後は、「Run」ボタンを押して、高速にWindows10でDVDをISOに変換し始めます。

Win10 DVD ISO変換ソフトの紹介は原文記事へ移動>>>