生活、もっと簡単

常に生活に役立つ裏技を分ち合う!シェアしてくれてありがとう!

Apple Music DRM解除!ダウロードした曲をパソコンに移して保存する方法

Apple Musicの曲をPCにダウンロードするメリット

1. iPhone/iPadのストレージ容量を圧迫しない
Apple Music音楽の聴き方はストリーミングだけではないです。iPhone/iPadに楽曲データをダウンロードしておき、それを聴くこともできるのです。当然、Apple Musicダウンロードした楽曲数が増えるにつれiPhone/iPadのストレージの消費量も増えます。iPhone/iPadのストレージ容量が足りないなら、動作が遅くなって、使い意心地は悪くなります。だが、Apple Musicの曲をPCにダウンロードしたら、iPhone/iPadのストレージ容量のことは心配ないでしょう。

2. Apple Musicオフラインでも音楽を聴ける
Apple Musicはストリーミングサービスで、オンラインで曲を聞けますが、Apple Musicダウンロードした曲をPCに転送・保存したら、電波の入らない場所でも音楽を楽しめます。それに、パソコンでApple Musicダウンロードした曲を他のデバイスなどに入れることもでき、通勤や通学途中に音楽を聴けます。

3. Apple Music解約しても曲は消えない
ご存知かもしれませんが、Apple Music解約して、ダウンロードした音楽はすべて消えてしまいます。だが、Apple Musicダウンロードした曲をPCに転送・保存すれば、曲は永遠にパソコンに存在しています。Apple Music解約しても、曲が聞け、お金を無駄にすることはないです。

4. Apple Musicダウンロードした曲を他のデバイスでも再生可能
Apple Musicダウンロードした曲はデジタル著作権保護(DRM)が付与され、Apple 製のデバイス、プレイヤーのみ再生可能ですが、ほかのアプリケーション等では再生不可となっています。しかし、Apple Musicダウンロードした曲をPCに転送して、ファイル形式変換ソフトを使って、パソコンに保存されたApple Musicの曲を他のデバイスに取り込んで再生可能になります。それに、CDやDVDに焼くこともできます。

上記から見ると、Apple Musicの曲をPCにダウンロードすると、いろいろな便利なことがありますよね。だが、問題になるのは、Apple Musicダウンロードした曲をPCに転送する方法は何でしょうか?

Apple Musicダウンロードした曲をPCに転送する方法を紹介!

Apple Musicダウンロードした曲をPCに転送するには、肝心なのは、Apple Music DRM解除する必要があると言うことです。Apple Music DRM解除したら、Apple Music解約しても、曲を好きなだけ CD に焼いたり、Apple 以外のデバイスで再生したりすることができます。ですので、オリジナル音質を持つままでApple Music DRM解除したいなら、WinX MediaTransと言う専門的なiPhone/iPadデータ管理ソフトを強く薦めます。このソフトを使って、速いスピードで100% オリジナル品質を維持するままでApple Music DRM解除できる上に、Apple Musicダウンロードした曲をPCに転送できます。そのほかに、このソフトは購入したビデオや電子書籍DRM保護も解除できたり、iPhoneとパソコンの間で音楽、動画、写真、ボイスメモ、電子書籍iTunes U, Podcastなどのメディアファイルのやり取りもできます。このWinX MediaTransソフト一つでAppleバイスの管理には十分です。

Apple Music DRM保護を解除する操作手順>>>