読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活、もっと簡単

常に生活に役立つ裏技を分ち合う

アイフォン8 デザインは衝撃的な変更?

iPhone・10周年となる2017年に発売予定の「iPhone 8」は、従来のiPhoneとはまるで違う、画期的な端末になると言われています。アイフォン8 デザインの面も含めて大きな変化が訪れるとされています。これからは、アイフォン8 デザインについて詳しく紹介します。

iPhone 8最新情報
アイフォン8 デザイン変更その一:ガラス製のボディに

iPhone 8本体デザインがガラスを採用したものになると言われています。iPhone5から受け継がれている従来のアルミ製ボディに代わり、iPhone8はガラス製のボディを採用し、iPhone4を彷彿とさせるデザインになるそうです。これはワイヤレス充電のために採用されたデザインではないかと言われています。ワイヤレス充電を取り入れる際は、アルミだと通電してしまう危険があるのでガラスを使ったデザインを採用したいと考えているのかも知れません。または、電波の受信感度などを考えるとアルミ素材より優れているため、Appleとしては採用の可能性が十分にあり得ることになります。

iPhone 8最新情報
アイフォン8 デザイン変更その二:OLEDディスプレイに

iPhone8には、プラスチック製の曲面OLEDディスプレイが搭載され、製造はSamsungが担当する、と韓国メディアKorea Heraldが報じています。時代の流れは「液晶(LCD)→有機EL(OLED)」に動いているには確かです。有機EL(OLED)は発光ダイオードを組み合わせて製造されたディスプレイで自らが発光することから液晶ディスプレイのようにバックライトを必要としないことから、デバイスの薄型化や省電力化に期待できるディスプレイです。素材をプラスチックにすることで、OLEDディスプレイを曲面にすることが可能となります。曲面OLEDディスプレイというと、SamsungのGalaxy S7 edgeが思い浮かびますが、Appleは「新たなセンシング技術」を導入して差別化をはかる模様です。

iPhone 8最新情報
アイフォン8 デザイン変更その三:ホームボタンを取り除い

iPhone8ではホームボタンを取り除いたディスプレイを採用するという噂もあります。iPhone7のホームボタンは物理ボタンが廃止されタッチセンサー式に変更されましたが、iPhone8ではホームボタンすら撤廃される可能性があります。もしホームボタンが廃止されれば、本体前面全体がディスプレイとなりTouch IDやFaceTimeカメラなどがディスプレイ内に埋め込まれることになります。Appleはディスプレイに指紋認証機能を追加する特許を取得していることから、将来的にはディスプレイ上でTouch IDを利用することになるかもしれません。

iPhone 8最新情報
アイフォン8 デザイン変更その四:ディスプレイにサファイアを採用

2017年の次期iPhone8ではディスプレイの強度を大幅に高めるため、サファイアが採用されるかもしれません。これは、Appleが取得した特許「サファイア成分の熱処理システム」では、iPhoneのディスプレイにサファイアを用いる技術を紹介することによって明らかになったものです。宝石類の中では、ダイヤモンドに次ぐ硬度を持つサファイアですが、iPhone7では傷がつきにくいよう、ホームボタン(Touch ID)とカメラレンズのカバーに採用されていることが分かっています。新たに米国特許商標庁(USPTO)が公開した特許によると、Appleはアイフォン8ディスプレイにも採用する技術を開発しているようです。

上記のiPhone 8最新情報は有力な人やメディアから取得しますが、iPhone 8発売日はまだまだですので、何が変わるのか断然と言えないです。発表の日まで目が離せませんね。