生活、もっと簡単

常に生活に役立つ裏技を分ち合う!シェアしてくれてありがとう!

iPhone 8最新情報:かなり期待できるアイフォン8 最新機能とは?

iPhone 8最新情報

アイフォン8 最新機能その一:ワイヤレス充電機能

iPhoneの充電は通常Lightning端子経由で行います。しかしiPhone 8では、ワイヤレス充電に対応するかもしれないと「Bidness Etc」で報道されています。すでにApple Watchがワイヤレス充電を製品化していることを考えると、iPhone 8にもLightningコネクタ経由の充電ではなく、ワイヤレスで充電ができるようになるかもしれません。または、アップルが取得している特許の情報から推測すると、専用のドッグにiPhoneを置くと充電できるという「電磁誘電方式」が採用されるのではとされていて実現の可能性は高そうです。ただ、充電スピードが遅くなってしまわないかなどの問題点もあるのでどうなるでしょうか。

iPhone 8最新情報

アイフォン8 最新機能その二:虹彩認証

虹彩認証は人の目の虹彩パターン認識してロック画面を解除したりApple Payを使ったりすることができる機能となっており、メガネやコンタクトをしていても正確に認識することができることから、理想的な生体認証システムとも言われています。現在は指紋認証のTouch IDが採用されていますが、虹彩認証機能が2017年モデルのiPhone 8に搭載されるという噂があります。台湾メディアのDigiTimesは、Appleの長年の供給元である台湾の半導体メーカーXintecが次期iPhoneに向けて虹彩認証チップの製造をしていることを報じました。虹彩認証はすでに富士通Samsungスマホで採用されています。指紋認証に代わる今後のロック解除方法の主流になるかもしれませんね!

iPhone 8最新情報

アイフォン8 最新機能その三:3Dカメラが搭載

観光のメディア「The Korea Economic Daily」で、Appleが韓国LGの子会社であるLG Innotekと共同で、3D写真の撮影できるデュアルカメラを開発していると報じたのです。それで、Appleが2017年に発売すると言われている「iPhone 8」に、3D写真の撮れる3Dカメラが搭載される可能性は十分ありえます。3Dカメラとはどのような物かというと、両眼視差を利用した3D映像を撮れるカメラの事です。3Dカメラは2つのレンズを搭載する事で、人間の両眼視差と同じような画像を撮る事ができるのです。

iPhone 8最新情報

アイフォン8 最新機能その四:MRシステムが採用

iPhone 8にMRシステムが採用されるというのです。かつてMicrosoftに努めており、現在はVR開発企業「UploadVR」の創業者であり、アルファブロガーとしても有名なロバート・スコーブル氏からの情報です。では、VRやARより優れたMRシステムとは何なのでしょうか。「MR(複合現実)」ですが、簡単にいうとVRとARを融合させた物です。ゴーグルを通して現実に仮想世界が重なる、まさに仮想現実であり拡張現実でもある技術です。だが、実際に搭載されるのか、どのような機能となるのかはまだまだ未知数ですが、iPhone 8がMRシステムを搭載すれば、まさに新世代の端末に相応しい物となるでしょう。

iPhone 8最新情報

アイフォン8 最新機能その五:「A11 Fusion」チップが採用

iPhone7のプロセッサは「A10 Fusion」チップが採用され、順当にナンバリングが増えていって、iPhone8に採用されるプロセッサは「A11 Fusion」チップになることは間違いないでしょう。A11チップはウエハの更なる小型化が可能となる10nm FinFETプロセスで、さらに微細化が進み省電力化と性能アップが期待できます。A10チップはMacBookに搭載されているIntel Core Mプロセッサよりも高性能になっていますが、A11チップはさらに差を付けることになるのでしょうか。または、2017年第2四半期(4~6月)より小規模で量産が開始されるとのことです。

関連記事:iPhone8の発売日はいつになる?>>>